老眼、乱視にレーシック手術?

最近は老視や乱視をレーシック手術で矯正する人が増えて来ました。老眼専用のメガネから開放され、近くのものがすぐに見えるようになった、とお年寄りの方から好評の手術です。近視矯正のためのレーシック手術は角膜を削って網膜上のピントを合わせ、視力を回復するものですが、老眼を治すためのレーシックは少し手法が異なります。

そもそも老眼と近眼とでは発症する原因が異なります。近眼は角膜を通った光が網膜よりも前でピントがあってしまう状態のことをいいます。それで近視矯正には網膜上でピントが合うようにレンズのような役割をする角膜を削ることで視力を回復させます。

しかし老眼の場合は水晶体自体が弱くなり、弾性を失ってしまい、近くのものを見ようとしてもピントが合わないので見えづらくなる現象をいいます。それで、従来の角膜を削るレーシックの方法では老眼の視力を回復することはできないのです。それでも最近は、レーシックの技術を応用して老眼の視力回復が可能な手術法が開発されています。

高齢であっても視力を取り戻すことができるのです。老眼のレーシック手術の場合、角膜の形状とカーブを測定した後、カーブ角度を変えていくものです。簡単にいうと、角膜を遠近両用コンタクトレンズのようにするのです。通常の近視用レーシック手術とは違い、手術後すぐに視力回復を実感できます。

通常のメガネやコンタクトを使用した時ほどの視力回復を期待することができます。乱視のレーシック手術の場合は、角膜の凸凹を計測し、その角膜の表面やエッジ角度をレーザーでならしていくものです。

老眼や乱視のレーシックは近視のレーシックよりも高い施術精度を必要とし、そのような技術を持つ専門医も多くはありません。比較的新しい手術法でもありますから、老眼矯正レーシックを受けたい人は、信頼のおける腕の良い専門医選びが大切なポイントになります。
もっと詳しく調べたい方はこちら⇒老眼サプリメント最新調査結果

女性はなぜ足がむくみやすい?

女性のほうが男性よりも足のむくみが発生しやすいといわれています。これは、女性は女性ホルモンの分泌量が多く、水分が体の中に蓄積されやすいという特徴があるからです。

また、男性と比べて、下着によって体を圧迫している状態になっていることから、血行も悪くなってしまい、足回りに水分が溜まってしまいやすく、その結果、足がむくみやすくなっているのです。

足がむくんでしまうと、それだけ足が太く見えてしまいます。また、足がむくんでしまうことで、靴下などの跡がくっきりと残ってしまいやすくなっており、それが悩みの種だと思っている人も多いです。

女性のほうが足のむくみが発生しやすいだけではなく、冷え性になってしまう人も多いのですが、これはリンパ液や血液が循環しにくくなっていることが原因になっているのです。

そのためリンパの流れを良くするために、リンパマッサージを普段からしているという人もいるのですが、このリンパマッサージというのは、足のむくみを解消させることもできるようになっているのです。

ただし、根本的な原因を取り除くようにしなければ、足のむくみが解消されるのは一時的なものであり、いずれはまたむくんでしまいます。

ですから、普段からマッサージをしたりすることも大切ですし、ウォーキングをして足の代謝を高めるようにしなくてはなりません。このようなことをするだけでも、足のむくみや冷え症の解消をすることもできるようになるのです。
もっと詳しく⇒血行を良くするサプリメント.net