自虐的でも憎めない

私が利用した健康食品は、映画「くも漫。」は、2017年2月4日ロードショーの小林稔昌監督によるコメディードラマになっております。原作マンガは中川学によるノンフィクションコミックになり、収録されているそれぞれのエピソードが忠実に再現されています。29歳にして長年のニート生活から脱出する主人公の中川には、主演男優の脳みそ夫のイメージがぴったりとはまっていました。意気揚々といかがわしいお店に繰り出していきながら、次々と巻き起こす騒動をユーモアセンスたっぷりなタッチで描き切っています。風俗店に勤務しながらも純真無垢な心を失わない女性を、柳英理紗が熱演していました。羽目を外し過ぎて中川がくも膜下出血を起こすことによって、ストーリーが意外な展開を見せます。

健康食品を利用してみて、情けなさあふれる主人公の中川の生きざまにも、不思議とどこか憎めないものがあるのが良かったです。個性豊かで救い難いサブキャラクターたちにも、映画を見ているうちに奇妙な愛着が湧いてくるはずです。映画のクライマックスシーンには、原作コミックで使用されているマンガのコマ割りが挿入されるのが斬新な手法でした。ストーリーのプレイバックとともに、主人公の今までの人生が走馬灯のように浮かび上がってくるシーンが圧巻でした。
あわせて読むとおすすめ>>>>>プラチナVCスターターセットの口コミ

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *